高血圧の治療 原因・予防と食事
*

高血圧とリスクの高い心臓

Pocket

高血圧と診断されて、何かの症状が現れやすい臓器が心臓です。高血圧の合併症でもリスクの高い臓器で、命に関わる危険があります。
 

高血圧が心臓への負担を大きくする原因は、血管が硬くなる動脈硬化や、肥満などで血液中の脂肪が増え、血液の粘度が硬くなることで、心臓が血液を全身に送る力(血圧)を高めます。その為には心臓は強くならなければなりませんので、筋肉を付けます。
 

これは心臓肥大といい、これは、更に心臓の機能を低下させます。この時の症状は動悸・息切れや呼吸困難を起こし、さらには心不全になる危険があります。
 

心臓は全身に血液を送るポンプの役割をしていますので、血液が送りにくくなる高血圧は、当然心臓に負担を掛けるわけです。
 

高血圧が続き動脈硬化を起こすと、心臓の冠動脈が細くなる、狭心症を発症する恐れがあります。高血圧の症状で、胸の違和感や苦しさや胸の圧迫感は、狭心症の疑いがあります。狭心症の発作の治療にはニトログリセリンを使います。
 

高血圧が心臓に影響する症状で最も恐れなければならないことは、心筋梗塞です。心筋梗塞は心臓の冠動脈が動脈硬化を起こし、血液の流れが悪くなり、または停滞して血のかたまりの血栓ができ、血液が行かなくなり、心筋が壊死(えし)する症状です。
 

心筋梗塞は突然に死亡する危険があり、強烈な胸の痛みや呼吸困難などが起こった場合、速やかな処置をしなければ死に至ることがあります。それは1時間以内の処置が必要なほど、急を要します。
 

高血圧の影響は、心臓へ非常に危険なリスクを伴いますので、十分な注意が必要です。高血圧の方が心臓病にかかるリスクは、健常な方の3倍になるといいます。高血圧の方は日常の食生活から、気を付けましょう。

※高血圧の方に朗報です!
キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日間で血糖値を下げる食事療法があります。 >>詳しい食事療法はこちら

高血圧とリスクの高い心臓関連ページ

高血圧と怖い脳の合併症
高血圧で脳に起こる合併症があります。合併症が脳に起これば、とても危険な状態になることが多く、最悪、命を落としか […]
高血圧と関係の深い腎臓
高血圧と密接な関係にある臓器に腎臓があります。腎臓の担う働きは、体内にたまった老廃物を排出する役割があります。 […]
高血圧が現れる臓器別の症状
高血圧の発見は、少しの身体の変調から判明する時や、症状が全くなく定期検診で、高血圧であることがわかるケースなど […]