高血圧の治療 原因・予防と食事
*

高血圧が現れる臓器別の症状

Pocket

高血圧の発見は、少しの身体の変調から判明する時や、症状が全くなく定期検診で、高血圧であることがわかるケースなど、高血圧と診断される事例は、個人によりさまざまです。
 

定期検査で発見されるケースは、自覚症状が全くないため、いつから血圧が高いかわかりません。高血圧の症状は、その原因となる臓器によって変わります。高血圧の原因の臓器とその症状を紹介します。
 

脳が原因で起こる高血圧は、頭痛・耳鳴り・めまいや肩こりの症状が現れます。また不安感や、物忘れや手足のしびれの症状が現れる方もいます。
 

心臓に原因がある場合は、動悸や息切れや胸に圧迫感があり、胸が締め付けられるような違和感があります。心臓と高血圧は密接な関係を持っていて、血圧が上がることは、同時に心臓に負担を掛けていることになります。
 

高血圧が最も影響する臓器が腎臓です、腎臓が原因で起こる高血圧の症状は、尿が減り身体がむくみます。また疲れやすくなります。
 

高血圧が腎臓に与える影響は、腎臓の血管がもろくなり、血液の老廃物が処理できなくなり、タンパク尿や尿毒症(にょうどくしょう)などを引き起こします。さらに悪化すれば腎不全を起こし、人工透析の治療を受けることになります。
 

高血圧の症状には、疲れ目や視力が低下する異常を起こします。これは目の網膜の血管が細くなり、症状が進めば血管が破裂して、高血圧性網膜症になります。最悪の場合失明になります。
 

高血圧の最も初期の症状は、肩こりやめまい、息切れ、動悸(どうき)が起こります。少しでもこれらの症状が感じられ、疑わしい場合は、できるだけ早い診察と治療が必要です。
 

高血圧は症状がわからない場合がありますので、自宅で血圧の測定を、毎日一回は行ってください。日常の食事が現任の場合が多いので、食生活にも気を付けましょう。

※高血圧の方に朗報です!
キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日間で血糖値を下げる食事療法があります。 >>詳しい食事療法はこちら

高血圧が現れる臓器別の症状関連ページ

高血圧と怖い脳の合併症
高血圧で脳に起こる合併症があります。合併症が脳に起これば、とても危険な状態になることが多く、最悪、命を落としか […]
高血圧とリスクの高い心臓
高血圧と診断されて、何かの症状が現れやすい臓器が心臓です。高血圧の合併症でもリスクの高い臓器で、命に関わる危険 […]
高血圧と関係の深い腎臓
高血圧と密接な関係にある臓器に腎臓があります。腎臓の担う働きは、体内にたまった老廃物を排出する役割があります。 […]