高血圧の治療 原因・予防と食事
*

塩分摂取は高血圧を招く

Pocket

塩分の摂りすぎが、血圧に良くないとよく言われますが、なぜ、塩分の摂りすぎは血圧を上げるのでしょうか。
身体を作っている細胞には、カリウムとナトリウムの濃度が一定に保たれる機能があります。
 

これらのミネラル分は、過剰に摂取されると排泄されるように働きます。これを担っているものがナトリウムポンプといい、塩分を摂りすぎたときに働きます。
 

塩分を摂りすぎると、ナトリウムポンプが働きますが、塩分が異常に多く摂取されると、ナトリウムポンプが弱って衰えてきます。この機能が衰えると、ナトリウム濃度が高くなります。ナトリウム濃度が高くなると水分を引き込もうとして。血管内に水分を蓄え、膨張しむくんだような状態になります。
 

血管が膨張すると血管が狭くなり、そこを通る血液が流れにくくなることで、心臓は血液が流れるように圧力を上げます。これが血圧が上がる原因です。
 

塩分を取りすぎる食生活を続けることで、身体の中ではこのようなことが起こっています。この段階で自覚症状はなく、高血圧は静かに進行していきます。
 

日本人は昔より塩分の多い食事を好んで食べてきましたが、最近は塩分に気を使った食事をされる方も増えてきました。しかし現代人は外食を好み、昔の人と比べて格段に運動量が減りました。
 

現代人は生活環境などにより汗を余りかかなくなり、ナトリウムの調整がうまく処理されていないといわれています。塩分の調整は腎臓でも行われていて、血圧と腎臓は密接な関係を持っています。塩分の多い食事を取り続けると腎臓にも負担をかけることになり、結果、腎疾患を起こします。
 

塩分は血管の収縮を促進する交感神経を刺激し。血圧を上げます。また塩分であるナトリウムは筋肉や血管を収縮させ、血圧を上昇させます。
 

これらのことから、塩分の取りすぎた食生活を続けると、血圧を上げ高血圧になる要素がたくさんあります。食事の改善は高血圧を防ぐとともに、他の疾患の予防にもなります。

※高血圧の方に朗報です!
キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日間で血糖値を下げる食事療法があります。 >>詳しい食事療法はこちら

塩分摂取は高血圧を招く関連ページ

特定保健用食品の高血圧への効果
高血圧の方が食事に気を付けることは、当然でしょう。塩分を控えた食事や高血圧によいとされる食材など、積極的に行っ […]
高血圧と日本食
高血圧になりやすい日本人というほど、日本人の高血圧にかかる方は多く報告されています。この原因は塩分摂取量が、欧 […]
高血圧と類似した糖尿病
糖尿病が原因で高血圧になる場合があります。これは糖尿病にかかると体液や血液が増え、結果血圧が上昇します。糖尿病 […]
高血圧の方の外食の仕方
高血圧の治療で大切なことは、塩分を控えた栄養バランスの取れた食事です。ふだん、自宅で食べる食事については料理す […]
高血圧と塩分制限した食事
高血圧にならないためには、日常の食事が大切になります。血圧をコントロールするということは、食生活を改善すること […]
初期の高血圧と運動療法
高血圧を改善する方法は生活習慣を改善することが重要とされます。生活習慣の改善には、食事療法と運動療法を行います […]