高血圧の治療 原因・予防と食事
*

高血圧の種類と2つの原因


本態性高血圧

 

高血圧の種類は、高血圧になる原因で本態性高血圧と二次性高血圧の2種類の分けられます。本態性高血圧は、高血圧の患者の9割がこれにあたります。
 

この本態性高血圧は、遺伝的要因(両親の両方、または片方が高血圧の方)のある先天的に高血圧になりやすい方や、日常の食生活で塩分を多く摂っている方や運動不足の方、ストレスの多い生活を送っている方など、高血圧になりやすい要因を持っている方がかかる高血圧です。
 

高血圧の方の殆どの方がこれに当たりますが、これといった原因は特定できず、いろいろな要因が複合して高血圧になるとされています。遺伝的要因を持つ方でも、その後の生活習慣で発症しないケースもあります。このことから、日常の生活が大きく影響しているものとされます。
 
 

二次性高血圧

 

二次性高血圧は、原因が病気や薬剤が原因で起こる高血圧です。これは病気が完治すれば、高血圧も改善する場合が多く、元凶となる疾患の完治が優先されます。
 

元凶となる病気には、大動脈縮窄症(しゅくさくしょう)、慢性腎盂腎炎(じんうじんえん)、副甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)、統合失調症(とうごうしっちょうしょう)などがあり、最も多い例は腎臓に影響する、腎性(じんせい)高血圧症から発症する高血圧です。
 

薬剤による高血圧は、ステロイド剤、経口避妊薬や抗うつ薬などの影響で発症する高血圧です。このふたつの高血圧は、症状は同じ高血圧ですが、医療方法は全く違います。
 

どちらが原因で発症した高血圧なのか、医師の診断が必要で、原因追及の判断になる家族の病歴や、現在かかっている疾患、または現在服用しているクスリ、現在も自覚症状、そして自宅で計測した血圧の値の記録したものを、診察前に必ず用意しましょう。
 

正しい治療を受けるには、診察時に正確な申告が大切です。

※高血圧の方に朗報です!
キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日間で血糖値を下げる食事療法があります。 >>詳しい食事療法はこちら

高血圧の種類と2つの原因関連ページ

血圧が異常な値を示すとき
Tweet高血圧は生活習慣や疾患から起こるものばかりではありません。血圧が上がる要因に、心理的緊張から上がるこ […]
高血圧にならない生活習慣
Tweet高血圧は日常の生活習慣が要因となって起こる疾患です。高血圧になる方のおよそ9割の方は、ハッキリとした […]
高血圧とアルコールとタバコ
Tweet高血圧の方のタバコは禁物です。健康な方でのタバコの害は御存じの通りで、いろいろな疾患のリスクを高めま […]
高血圧はストレスも原因
Tweetストレスはいろいろな疾患の原因とされていますが、高血圧においてもストレスは大きく関係しています。イラ […]
肥満がもたらす高血圧
Tweet高血圧になりやすい原因に肥満があります。肥満は高血圧と密接な関係にあり、身体が太るということより、血 […]
高血圧の先天的要因と後天的要因
Tweet高血圧になる原因について、どのようなことでなるのか考えてみます。高血圧の原因は、いくつか考えられます […]