高血圧の治療 原因・予防と食事
*
高血圧の治療 原因・予防と食事 > 高血圧の基礎知識 > 高血圧とはいくつから?血圧の正常値

高血圧とはいくつから?血圧の正常値

Pocket

高血圧となる基準は、どのくらい血圧があるときでしょうか。一般に高血圧とされる血圧の値は、最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90nnHg以上を保っている状態をいいます。
 

差高血圧は収縮期血圧ともいい、心臓が血液を送り出すときの血圧で、最低血圧は拡張期血圧もといい、心臓が大きく拡張したときの血圧をいいます。
 

高血圧はこの数値を超えているときをいいますが、高血圧はさまざまな合併症(脳梗塞、心筋梗塞、腎不全)を引き起こす原因になりますので、このリスクを抑えるために、最高血圧が130・39mmHg、最低血圧が85・9mmHgであることが、理想とされています。€
 

高血圧が続くと、合併症(脳梗塞、心筋梗塞、腎不全)のリスクが高くなりますが、血圧を正常値に保つことで、合併症になるリスクを抑えることができます。健康を維持するためにも、この正常値の範囲内に血圧が保てるよう、毎日の食事を大切にします。
 

また一日に一回、血圧のチェックを行いましょう。血圧の測定値が、自宅で測定した値と、病院などの医療機関で測定した値と異なるときがありますが、測定する姿勢や条件をなるべく同じにします。
 

血圧は、自宅で計測する家庭血圧と、病院などの医療施設で計測する外来血圧または随時血圧と、計測値を分けます。これらの血圧の計測値は、最高血圧で20・0mmHg、最低血圧で10mmHgほど高くなります。
 

この誤差は、医療施設の計測器と家庭用の計測器との精度の差はありますが、このほかにも原因があります。これは計測する方の心理的なことで、あまり病院へ行かない方は、医師や看護師の白衣で緊張し血圧が上がる白衣高血圧というものがあります。
 

病院の緊張した雰囲気と、自宅ではリラックスした状態では、血圧に差が生じます。これらの誤差が、診察時に加味できるよう、普段から血圧を計測して、自分の血圧の値を知りましょう。
毎日計測することで、何か病変があった場合の早期治療になります。

※高血圧の方に朗報です!
キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日間で血糖値を下げる食事療法があります。 >>詳しい食事療法はこちら

高血圧とはいくつから?血圧の正常値関連ページ

高血圧の方の入浴の注意
高血圧の方が注意しなければならないことに、お風呂の入り方があります。よく、お風呂で倒れる方がいますが、これは血 […]
高血圧の測り方
血圧の正しい測り方について説明します。血圧は一日の中で、何度も変化します。運動や入浴、食事や時間によって血圧の […]
わかりにくい高血圧の自覚症状
高血圧の自覚症状は、非常にわかりにくいです。普段、血圧を測らない方であれば、症状がないまま進行するケースがほと […]
高血圧とは?どんな状態か
高血圧を考える前に、血圧とは何かを解説してみます。まず血液は心臓がポンプの働きをして血管を通し、体中の臓器や細 […]