高血圧の治療 原因・予防と食事
*

高血圧とは?どんな状態か

Pocket

高血圧を考える前に、血圧とは何かを解説してみます。まず血液は心臓がポンプの働きをして血管を通し、体中の臓器や細胞へと運ばれます。血管には動脈と静脈があり、動脈では栄養や酸素を運び、静脈では体中の細胞から集められた老廃物を運ぶ役割をしています。
 

血圧とは、この血管を血液が流れるときの圧力のことをいいます。血圧は最高血圧と最低血圧があり、心臓が収縮して血液が押し出されたときの圧力を最高血圧(収縮期血圧)、心臓が大きく拡張して血液が戻ってきたときの血圧を最低血圧(拡張期血圧)といいます。
 

高血圧とは、どちらかの血圧が平均より高い場合をいいます。一般に高血圧が悪いといわれる理由は、動脈を硬化させ、ときには血管を詰まらせることがあるからです。
 

血圧が高くなると、血管内を血液が速く流れ、この内壁に刺激を与え痛めてしまいます。血管は傷まないように内壁が厚くなりますが、厚くなるとそこにコレステロールが入り、動脈を硬くします。これを動脈硬化といい、血液の循環を悪くさせ、血の固まりが溜まりやすくし、さらに血管を詰まらせます。
 

高血圧が恐れられている理由は、血管を詰まらせることです。血管が詰まるところによって、命に関わる重傷になります。血管が心臓で詰まると、心筋梗塞や狭心症を起こし、もしこれが脳の中で詰まると、脳梗塞や脳血栓を引き起こします。
 

また高血圧は腎臓の働きにも影響します。腎臓は血液の老廃物を取り除き、血液を濾過してきれいな血液に換えます。高血圧になると、腎臓に流れる血液が弱くなり、この働きを弱めてしまいます。この結果、老廃物として排出される尿が減り、腎不全になり治療が必要になります。
 

高血圧は、さまざまな病気を引き起こしますので、日常の血圧をチェックし、食生活にも気を付けて健康管理をしましょう。

※高血圧の方に朗報です!
キツイ運動も薬も一切使わずに、たった3日間で血糖値を下げる食事療法があります。 >>詳しい食事療法はこちら

高血圧とは?どんな状態か関連ページ

高血圧の方の入浴の注意
高血圧の方が注意しなければならないことに、お風呂の入り方があります。よく、お風呂で倒れる方がいますが、これは血 […]
高血圧の測り方
血圧の正しい測り方について説明します。血圧は一日の中で、何度も変化します。運動や入浴、食事や時間によって血圧の […]
わかりにくい高血圧の自覚症状
高血圧の自覚症状は、非常にわかりにくいです。普段、血圧を測らない方であれば、症状がないまま進行するケースがほと […]
高血圧とはいくつから?血圧の正常値
高血圧となる基準は、どのくらい血圧があるときでしょうか。一般に高血圧とされる血圧の値は、最高血圧が140mmH […]